安定した生活が期待できるマンション経営|リスクについても把握する

安定した賃貸経営のコツ

マンション

空室と収益率に気を配る

マンション経営をする場合、2つのリスクがあります。1つは空室が出ることです。マンション経営の収益は家賃収入ですから、空室が出るとその分の家賃収入がなくなります。一棟マンション投資の場合は戸数が多いので1室や2室が空室になっても、その他の部屋の家賃でカバーできます。もう1つのリスクは収益率が下がる可能性です。マンション経営をする場合、建設するのか中古物件を購入するのかによって初期投資額が変わってきます。どちらにしても購入時はローンを組みますが、毎月の支払いが多くなると家賃収入を返済に充てることになって実入りが減ります。つまり収益率が下がるわけです。これからマンション経営をする場合は、この2つのリスク対策をすることが大事です。

立地と環境のよい中古物件

マンション経営がうまくいくかどうかは立地条件が大きく左右します。空室リスクを減らすためには立地条件の良いマンションを確保すればいいのです。立地条件とは最寄りの駅までのアクセスです。徒歩圏内にあれば立地条件が良いマンションになります。また周辺環境も空室リスクを減らすためには重要です。買い物に便利な商業施設が近くにあり、子どもが通う小中学校への通学も便利な環境なら申し分ないのです。マンション経営のリスクを減らすにはこのような条件をクリアした物件を探すことです。ただし地価や建設費が高くなるので、中古物件をターゲットにします。ローンの支払いがそこそこで収まる程度の中古物件を見つけることができれば、空室と収益率のリスクをなくすことができます。

管理業務を委託する

つみきとお金

マンションやアパートの一括借り上げでの業務委託では高い収益率は望めなくても安定した収入を得る事ができます。業者を選ぶ時は特定の業者に最初から決めてしまわずに複数の業者に相談して比較して選んでいくと良いです。

Read More